スライディングドア

c0067229_19573583.gif
この映画は公開当時から見ようと思っていて見逃したままかれこれ何年もたってしまった映画です。色んな方の映画コメントに「ここはスライディングドアっぽい!」というのを目にするたび見なくては!見なくては!と思い続けていました(汗)

正直ストーリーはほとんど噂や何やらで耳に入っていたのですが、それでも見ると素直におもしろく感じました。

あの時あぁしていたら・・・という人生の分岐点は誰にでも無数にあるはず。どっちに転ぼうとどっちを選択しようと絶対に後悔はしちゃいけないと思うんですよね。過去を否定する事は未来につながらない気がします。ある映画で「人は運命を変えられないが運命は人を変えられる」という言葉を耳にしました。確か最近の映画・・・。
自分の運命や選択がどうであれ、目の前の現実をひたすら頑張って夢に向かって努力していけば必ず道は開けるはず、というのが僕の考え方です(ガタカのヴィンセントが師なので・・・)

しかしこの映画の最後の落ちには意外に驚かされました。そことそこをそう繋げるとは!!
(@_@)やられた!
[PR]
by mobeer | 2005-08-08 20:13 | VTR&DVD
<< 大阪一のお好み焼き屋 大阪フォトカレッジ >>