kinsey

c0067229_18352261.jpg
「愛についてのキンゼイレポート」
元々昆虫学者だったキンゼイ教授がひょんな事から世の中の性の実態を知りたくなり、全米で調査をし統計を取り、それをみんなに公表する事で世の中の人々が不安に思っている事や悩んでいる事を少しでも軽くし解消してあげよう!という気持ちで始まった性の調査が波紋を呼んでしまう。

現代のように性が開放的ではなく、まだまだ偏見や誤解や間違った常識があった時代だけに、彼の言動が非難を浴びたり受け入れられなかったりは仕方ないですよね。いつの時代でも性に関して一歩先を行っている人ってのはそういう立場に立たされますもんね。
しかし興味本位でホモになってみたり浮気してみたり、それってちょっと先を行っているとかじゃなくて貞操ないんじゃない??って思ってしまってそこは僕的にアウトでした。

この映画のチケットを買ったときに「キンゼイレポート・日本版」なるミニブックが付いていて、現代の日本における性調査の報告がまとめられていました。あの時代にこの手の本が出版されたらさぞ話題になったんでしょうが、現代では当然のようにみんな知っている実態ですよね。
僕は高校時代にホットドックプレスで散々情報収集しました
(^^;)
[PR]
by mobeer | 2005-09-20 18:46 | 映画
<< 頭文字D(イニシャルD) チャーリーとチョコレート工場 >>