GATTACA

c0067229_10313022.jpg
僕のベストムービー「ガタカ」
いったい何回見たでしょう。昨夜また見てしまいました。二度目の記事です。

何度見てもいつも感動し強い気持ちと希望、前向きに頑張る心を与えてくれます。今回は僕がバイブルと仰ぐこのガタカの中の大好きなシーンを紹介しようと思います。
思いっきりネタバレですので未見の方はご注意下さい。
(^^;)


c0067229_13233765.jpg
アイリーンに自分の正体がばれてしまったヴィンセント、超エリートのはずのヴィンセントは実は不適合者だった。信じられないアイリーンにヴィンセントは・・・
「僕の寿命はとっくに過ぎている。僕はもう長くはない。何が不可能か君には分かるはずだ。でも君は自分の欠点を探すのに必死で分からなかったろ!!」

エリートで選ばれし人間ながら自分の欠点にコンプレックスを持ち続けているアイリーン、不適合者で何一つ恵まれた資質や才能などなく体も弱く寿命もわずかのヴィンセント、しかし彼は偽りの身分を使い超エリートになりすました。誰も認めなかった彼を世間の誰もが認めたのは自分の欠点を探すのではなく自分の可能性を信じてどこまでも諦めずに頑張ったからです。
絶対に諦めない前向きな気持ちが時には不可能を可能にする、それを教えてくれました。



c0067229_1053479.jpg
超エリート刑事の弟アントンにも身分を偽っていた事がばれてしまったヴィンセント、「兄さんには無理だからやめろ」という弟に対して・・・
「僕に何が出来るか決めつけるな!!」

遺伝子や細胞レベルで科学的にその人の能力や限界を査定している近未来、しかしヴィンセントは無限の努力と不屈の闘志でその限界を超えた。誰かに限界を決められる事なんてない、努力する事は無限にできる、彼の姿勢、いつも僕は見習っています。



c0067229_10554287.jpg
ついに夢を叶えたヴィンセント。土星に出発する前にジュロームに感謝の言葉を言った。そしてジュロームはヴィンセントに・・・
「体を貸す代わりに君から夢をもらった」

スーパーエリートとして生まれ全てにおいて完璧だったジュロームは事故で半身麻痺に。ジュロームは金メダルをとるべくして生まれながら銀メダルのまま自分の夢が終わっていたが、ヴィンセントの折れない心、絶対に諦めない心、誰にも負けない努力、誰も見ていない所で戦っていたヴィンセントの姿を見ていつしか自分の夢を託していた。自分の夢を追って頑張っていたヴィンセントだったがそんな姿がそれを見ているジュロームにも夢を与える結果になった。頑張る事・努力する事、不屈の精神は見ている者にも勇気と希望を与える。
無駄な努力なんてない、僕はいつもそう信じています。


僕はこの映画に出会って自分の生き方を心に決め、この映画をたくさん見て勇気と希望、頑張る心をもらっています。つらい時・悲しい時・負けそうな時・自分に自信を失ってしまった時、皆さんぜひご覧になって下さい。
イーサンホーク・ウマサーマン・ジュードロウの演技とマイケルナイマンの音楽、そしてなによりアンドリューニコル監督の世界観、全てが僕にとって完璧です(^^)
[PR]
by mobeer | 2006-01-06 11:17 | VTR&DVD
<< SAYURI 銀座kazan >>