ロード・オブ・ウォー

c0067229_19121468.jpg
アンドリューニコル監督にイーサンホークとニコラスケイジが共演!!この作品は絶対につぼにはまると思い事前情報一切なしで楽しみに見に行きました。
「史上最大の武器商人の物語」そのタイトルだけを知りながら。

今までのアンドリューニコルの作品を見てファンだった僕からすると正直面食らった内容でした。実在する武器商人をモデルに作った社会派ドキュメンタリーのような内容で、ガタカ・トゥルーマンショウ・シモーヌを作った彼のイメージとはおよそかけ離れています。
が、しかし、内容は濃い濃い!


強烈な裏世界の内情や世界に氾濫する抗争や戦争、その裏で暗躍する武器商人のクールなビジネス。仕事と割り切りながらも葛藤する彼の人間的な一面も描かれていますが、そこはさすがニコラスケイジの演技力にうならされます。
最後のオチも納得、なるほど世界はそうやって回っているのね~恐いっす(^^;)
グイグイ引き込まれる強烈な作品でありながら暗い気持ちや落ち込むような感覚はありませんでした。アンドリュー監督の新境地を見れて僕は完全にご満悦です☆
[PR]
by mobeer | 2006-01-23 19:24 | 映画
<< プライドと偏見 酒バトン >>