プルーフオブマイライフ

c0067229_1116564.jpgこの時期多いですね~「本年度アカデミー賞最有力候補」って宣伝文句。
「全米NO.1大ヒット」と同じくらい懐疑的な気持ちで見てしまいます
(^^;)
「恋に落ちたシェークスピア」のジョンマッデン監督とグウィネスのコンビという事で見てきました。人生につまずいた時、落ち込んだ時に人はどうやって立ち直るのか。数式や検証でしか確証を持てない事で信用を失ってしまう、数学者の悲しいサガなんでしょうか。

天才数学者の父が精神に異常をきたし「自分も同じ運命をたどるのでは」と苦悩する娘、ニューヨークライフを満喫しているやたらとお節介な姉、この二人の会話が僕はいただけなかったです。そこまでしなくても、とかそんなに切れなくても、って。

彼が彼女の事を信頼し信じてくれたところで二人の気持ちが通い合って・・・ってのは良いけど、で、結局数学史に残る歴史的発見だった証明はどうなったのかな?
[PR]
by mobeer | 2006-01-25 11:32 | 映画
<< anything else プライドと偏見 >>