カテゴリ:私事( 13 )

結納

c0067229_9351063.jpg
昨日2/23に某ホテルにて結納式をしてきました。
略式的なものではなく、結構厳粛に格式高く執り行った結納でした。本来結納とは婚約の証として新郎側が新婦側に金品を納める儀式で、ご媒酌人さんがその仲立ちをして両家を行き来するものなのですが、さすがにそこは端折って仲人さんは立てずに、ホテルにて介添さんに進行していただきました。

↑の写真は結納セット、新郎側が新婦側に納める9品目です。ギフトショップ等で販売しています。縁起の良いとされているもの(カツオやスルメ)や結納金を新婦側に納め、新婦側は返礼として7品目納めます。

c0067229_9435421.jpg

介添さんが司会進行を勤めてくれて、両家の父親が口上を述べ新郎が新婦へ指輪を渡し、その後固めの杯を交わします。

c0067229_9461872.jpgc0067229_9485391.jpg

両家の家族とお互いの兄弟を招聘しての結納だったため普通の結納よりずっと厳かな雰囲気で、いやがおうにも身が引き締まりました。
その後は祝宴になり、乾杯し両家で和やかな食事会が始まりました。

c0067229_9543982.jpg
僕は正直若い頃、そして今の彼女(今日からは婚約者)と結婚の話になるまでは、現代の風潮と全く同じで、面倒な儀式的形式的なことは略して実利的に合理的にやりたい、と思っていましたし、結婚は婚姻届を役所に提出すれば成立するもの、両家で色々揉めることなく当人同士が愛し合っていればそれで結婚は成り立つじゃん、と思っていました。
略式簡素化の現代の風潮そのままに。
実際に彼女と結婚の話になり、両家で結婚が具体化してくると、やれ跡目の問題や仕事の関係や時期の事や次から次へと問題が沸いて出て、解決したと思ったらまた新たな問題が。結納に関してもそうで、話が出てから会場の手配や予算や日にちや誰までを呼ぶか、些細な事でも当人同士の他に両家の家族が関わってくるだけに一筋縄ではいきません。

でも今思う事はそういった過程で僕と両親、僕と彼女、彼女とうちの両親、僕と彼女の両親、それぞれが意見を出し合ったり話し合いをしたりして、時にはぶつかり時には譲歩しあったりしながら、価値観の違うもの同士みんなが一つのも目標に向かって前進してゆく中で理解が生まれ親近感が沸きお互いが尊敬し合い認め合うような関係に成長しました。

c0067229_1010106.jpg
結婚式もそうだと思うんですよね。お互いが色んな事決めなくちゃいけなくて、主張したり譲歩したりしながら計画を立て、両家の家族や親類に気を使って一つの大きな儀式を成功させるために二人協力し共同作業をしてゆく過程に理解と絆を深める意義があると思います。

すべては通過儀式というか、結婚はあくまでスタートであって結婚してから二人の共同生活が始まるんであって、そこからが本当に大変だと思うんです。今まで別の環境で生まれ育った二人の男女が一緒に生活するんですから。
だから結納やら結婚やらって事でもめてケンカになったりそこで挫折したり駄目になるようでは結婚生活がうまくいく訳ないよ、っていう試練というかテストというか。
面倒かもしれませんが儀式的形式的なことでも、その過程で両家の理解や親交はきっと深まり新しい絆がそこに生まれると思います。
若い頃はそんな事思いませんでしたが、今こうしてやってみると昔ながらの日本の文化の真意に触れられた気がしました。
c0067229_10184482.jpg
色々準備や用意も大変でしたが、今こうして終わってみると、婚約をしたという実感や両家が一つになった喜び、なによりここまでこれた幸せの感覚は半端じゃなかったです。
乗り越える山は大きいほど登頂した喜びは大きい、まさにそれを痛感。
簡単に結婚し簡単に離婚してしまう現代ですが、古式ゆかしき日本の伝統を大切にして結婚しようと決心しました。
これからは結婚式の準備が色々大変ですが、その苦労を惜しみなく、二人で頑張ってゆこうと思います。
[PR]
by mobeer | 2006-02-24 10:43 | 私事

イメージバトン

kazuponさんより、イメージバトンなるものを頂きました。
イメージでつながっている言葉の最後に自分のイメージする言葉を加えるのだそうです。
これまでが、
「笑顔→自分を支えるもの→記憶→母の声→無償の愛→太陽→芽生え→
若葉・生命力→アウトドア→バーベキュー→夏→クールビズ→刺客→自主トレ→公園」
と繋がってるようで、お題は「公園」です。

かれこれ9年前でしょうか、高校時代からの友達と大学時代に知り合った友達4人で新宿で飲んで、そのうちの一人が駒込に住んでいたので駒込公園に移動し、そこで酒盛りが始まりました。
「酒に酔った大学生公園で飲酒」
いかにもタチ悪い臭いがプンプン(@_@)

c0067229_1745067.jpg
夜中12時過ぎというにも関わらず、友人と僕で「ジョンカビラごっこ」なるものが始まって、大声で「ロベルトバッジョ!シュート打つも入らじ!!」「行ってくれ!打ってくれデルピエーロ!!」などと彼の実況を真似て絶叫していました。
気付くと公園はパトカーで包囲され僕ら4人は強制連行。
あまりにうるさくて近所の人が警察に通報したらしいです。
一発で酔いが冷めました(-_-;)

「公園」といえば「ジョンカビラ」です。
という訳でお次のお題は「ジョンカビラ」

こんなバトンを回すのはもちろん共犯者(被害者?)のgomaさんです。
当時を思い出して受け取ってください(^^;)
[PR]
by mobeer | 2006-02-05 17:53 | 私事

運命の人

皆様大変大変ご無沙汰しておりました(^^;)
僕自身もまさかこんなに忙しいシーズンになろうとは想像もしていなかったのですが、ブルックス大学での研修や横浜でのセミナーで頑張って勉強した事が爆発して実になった飛躍のシーズンでした。何度も風邪を引いて発熱し睡眠不足と過労で死ぬかと思いましたが、もう完全に仕事が落ち着きしばらくは安泰です。これからはのんびりゆとりを持って生活していこうと思います♪

c0067229_11122848.jpg

さて、そんなに忙しいとか体調崩したとか毎日死んでいたという前置きを振っておきながら矛盾したご報告があります・・・汗汗




皆さんは運命の出会いとか運命の人とか信じますか??

僕は若い頃はそんな存在を夢見て信じていましたが、現実にはそんな夢物語はありえないと分かってきていた31歳だったんですが、それこそ「まるで映画のような」出来事がある日突然起きました。

c0067229_11201954.jpg

出会った途端にお互い一目惚れして、感覚や気持ちや価値観や過去の出来事や歩んできた人生、よく行っていた下北沢のお店も千歳烏山のお店も一緒、何もかもが一致して何もかもが同じで何もかもが理想の人、これが運命の出会いで運命の人だってすぐに分かりました。
出会った三日後に付き合って1週間でお互い結婚を決めました。



さすがに最初両家の親は困惑しましたが、今は色々あった障害や問題も全部クリアして後は来年の結婚式に向けて色々準備をする状況です。周囲の友達も当然驚きましたし「ちょっと展開早すぎない!?」「ホントに大丈夫!?」「熱くなりすぎなんじゃないの!?」的な意見も多々ありました。でも当人同士は確信しています。
「この人が運命の人だ」と。
c0067229_11183760.jpg

【PROFILE】
高校時代から作詞作曲していて昔渋谷のクラブで毎週ライブをやっていたシンガーソングライターで↑は10月にクラブイベントでDJをしているところを撮りました。
現在はウェディング業界でバリバリ働いています。

なんかおのろけみたいな記事になってしまいましたが皆様にご報告まで(^^ゞ
今後とも変わらぬお付き合いをヨロシクお願いします☆
[PR]
by mobeer | 2005-12-30 11:39 | 私事

繁忙期

仕事の忙しさが半端じゃなく、当分ブログに携われないような状況です(涙)
記事の更新やお返事を書いたり皆様のところへお邪魔したりが難しい状況なのでこの場を借りてお詫び申し上げます。
復活したらまた今まで通りのお付き合いよろしくお願い申し上げます
(;_;)
[PR]
by mobeer | 2005-10-15 17:42 | 私事

とくダネ!

c0067229_23215048.jpg
このブログの趣旨には全く関係ないのですが、僕はこの衝撃映像を皆さんに紹介せずにはいられません。生放送中の事件らしく、友達の友達が仕事中にオンタイムで見て社内がフリーズしたと言ってました。
ぜひご覧下さい!

オヅラさん衝撃映像
[PR]
by mobeer | 2005-09-16 23:26 | 私事

Stag & Groom 本日創刊!!

c0067229_17241282.jpg

日本初、男のための結婚情報誌、Stag&Groomが本日創刊しました。
かっこいいプロポーズをして結婚式は男が仕切ろう!というコンセプトで、オシャレでカッコよくて仕事バリバリやってる25~40歳の独身男性がターゲットです。


c0067229_17295366.jpg

実は仲の良い同級生がこの雑誌を立ち上げた編集長なんです。そして恥ずかしながら僕とpuaさんがモデルをやっていた時の写真が掲載されているという事で、昨夜六本木ヒルズで行われた創刊記念パーティーに招待されました。
オシャレな人がたくさん集まっていて華やかな業界だな~と痛感しました。知り合いのカメラマンも来場していて久々に色々話せて楽しかったです。

c0067229_17351343.jpg

創刊号の表紙になった前川泰之君(元パリコレモデル・現俳優)が舞台挨拶をしました。他にも若手の俳優さんやモデルさんも来ていて会場に集まった女性達は目がうっとりとろけそうになってましたよ。特に外人モデル、あれは完全に反則です!カッコ良過ぎます!!
女性モデル(puaさん以外)は来ていなかったのですが、みんなキレイな人たちばかりでしたね。セレブ~な感じの人たちも大勢来ていて・・・
誰なんだろう!?→超庶民的です、僕(汗)

c0067229_17461047.jpg

会場内は
葉巻吸い放題(無料配布してました)
シャンパン飲み放題!!→
食事も出てゴージャスなひと時でした
(^^)

c0067229_1752263.jpg

ところが僕はやっぱりコレです。
ビール飲み放題、
この言葉に悩殺されました。
ギネスビール、おいしかったぁ~

今まで日本にはなかった新しい雑誌です。イギリス発祥でヨーロッパでは大変人気の雑誌ですのでみなさんも是非一読下さい!!年3回ぐらいの発行です。

ちなみに、超小さく写っているのでバラしても構わないんですが、85Pの海外ウェディングの写真が僕とpuaさんです。
さぁ皆さん書店にGO!!
買って買って!!
(^^ゞ

Stag &Groom公式ホームページ
↑こちらのウェブサイトで購入可
首都圏中心ですが地方都市でも大型書店には店頭に並んでいるとの事です
[PR]
by mobeer | 2005-09-09 17:59 | 私事

ゴージャスセミナー

c0067229_0255437.jpg
最近忙しくて返事が遅れたり皆様のブログにお邪魔できなくて申し訳なく思っております。
明日からまたセミナーで出張してしまうので記事の更新やお返事が出来なくなるのであらかじめご報告いたします。
(^^ゞ
なんと横浜から豪華客船「ふじ丸」(日本のタイタニックと言われてるらしいです)に乗船しクルージングしながら船上でセミナーが開催されるという超ゴージャスな研修なんです。
たくさん勉強し、夜はたくさん飲んでこようと思います。
帰ってきたら必ず記事にしますのでお楽しみに☆
(^^)v
[PR]
by mobeer | 2005-08-29 00:32 | 私事

エコロジカル・マインド

c0067229_13255743.jpg
beautifulonesさんの記事に触発され、
スイスのSIGGの水筒を買いました。
ハンズなどの店頭では2100円で販売しているのですが、お出掛けする暇がなく楽天で購入しました。
300・600・1000・1500mlの各サイズがありますが、大きくなると遠足用みたいだったので一番小さい300を買いました。毎日持ち歩くにはちょうどいいです。

これにウォッカやバーボン入れて出歩こうって訳ではありませんよ!!beautifulonesさんもおっしゃってましたが、日々のペットボトルのごみや毎日かかるジュース代、リサイクルの事を考えるとマイ水筒を持って日々自分の飲み物を持ち歩くっていう発想は環境問題にもすごく前向きだし、ぜひ皆さんにもお奨めしたいと僕も思います。外出時には家で作った麦茶やポカリを入れて持ち歩こうと思います。なによりオシャレなデザインに一目惚れしたっす
(@_@)☆
Let's get it for ecological mind!!
[PR]
by mobeer | 2005-08-24 13:54 | 私事

Tour de BROOKS

c0067229_20245549.jpg実に色んな刺激をもらってきた充実のツアーでした。写真に対する情熱をインスパイアーされて熱い気持ちになれたことが一番の収穫です。
右の写真が三つあるブルックスのキャンバスの一つです。


c0067229_2032152.jpg
キャンバスはサンタバーバラのビーチに徒歩で行ける所に位置し、ロケーションは最高です☆
羨ましすぎる!!
サンタバーバラはカリフォルニアの高級リゾート地で治安もよく、保養に来ているリゾートピーポーでにぎわっている街でした。毎日が楽園じゃ~と思ってしまいます
(@_@)

c0067229_20372591.jpg
今回のブルックスの授業は初心者向けというかベーシック中心の割と簡単な事を教えてくれていましたので、どんなすごい授業だろう!?と思っていたわりには案外普通でした。
しかし、滞在中で一番の刺激だったのが、ブルックスの学生との交流です。彼らの写真に対する強い気持ち、作品作りに対する熱い情熱、そしてその作品のクオリティーは僕も舌を巻いてしまうほどで驚愕のレベルの高さです。校内にも優秀作品が展示されていましたが、素晴らしいです。僕も都内の某写真大学に通っていましたが、生徒のヤル気や姿勢や情熱はまるで別次元です。
そして日々仕事に追われ目の前の雑務をこなす事でいっぱいになっていた自分に、新しい気持ちと情熱を教えてくれた気がします。作品作りに対する飽くなき探究心と自分のこだわりを突き詰める熱い情熱、彼らが輝いているのはそれがあったからです。

c0067229_20484880.jpg
授業はスタジオでの実技や講義の他、街やビーチに出て撮影もしました。これはビーチで僕が撮った写真です。キレイなモデルさん、この子もブルックスの学生です(顔ちっちゃ!!)ちなみに↑のスタジオモデルも学生です。

夕方まで授業があるのですが、その後はブルックスの学生たちと街に繰り出してビールを飲みに行きました。ある晩グビグビ飲んだ後にお家に誘われ行ってみると一軒家が。学生何人かでシェアして一軒家を借りて住んでるのですが、なんと中を改造して機材をそろえてスタジオを作ってしまっていました。
自分たちの作品作りの為に!
そしてその作品がキレイにディスプレイされていて素敵な空間になっていました。
すごい、すごすぎます!!


日本の大学で当然のごとく繰り広げられる「代返・居眠り」はここでは絶対にありえません。
ダメな奴はすぐにドロップアウトし終わってしまいます。入学する事に意味がある日本の大学と卒業できた事に意味があるアメリカの大学の制度の違いもあるでしょうが、「本物」を育てる環境はどちらが勝っているのかは明白です。学生時代に自分がここにいたらここまで出来ただろうか!?そう思うとただ毎晩遊んでいた自分の学生時代を悔やんだりもしました(汗)
[PR]
by mobeer | 2005-07-15 21:15 | 私事

ブルックス写真大学

c0067229_10324818.jpg

Brooks Institute of Photography

本日より7日間ほどカリフォルニアに行ってきます。
3年ぶりのカリフォルニア、今回は遊びでも仕事でもなく、サンタバーバラのブルックス写真大学でお勉強してきます。
世界最高峰にて最先端の写真の大学、短期間でありますが自分のスキルアップの為、今後の仕事の為にしっかり勉強してこようと思います。そして夜はパワーアップの為にしっかりビールを飲んでこようと思います(^з^)♪むふふふ

なのでしばしの間更新・コメントの返事ができませんのでその旨ご了承下さい☆
(^^ゞ See ya!!
[PR]
by mobeer | 2005-07-06 10:46 | 私事