<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

オープンユアアイズ

c0067229_9582513.jpg
最初にこの映画をレンタルで借りて見た時は衝撃でした。こんなすごい作品をレンタルビデオになるまで知らなかったなんて!と、映画のチェックが甘かったのを痛感したくらい惚れました。アレハンドロ・アメナバール監督もこの作品で知りましたし、ペネロペクルスも然り、これを見た後スペイン映画にはまりました(汗)
最後の最後まで謎めくスト-リーや全く先の読めない展開、幾重にも重なるプロットは見ている者の興味を鷲掴みにして離しませんでしたし、カメラワークというか構図や絵的なものも素晴らしく、僕はこの作品から非常に強いインスピレイションを受け以後の仕事に良い影響を与えてくれました。なのでリメイクされた「ヴァニラスカイ」を見た時はその悲惨さに目も当てられなかったですね(涙)
やっぱ映画は題材だけじゃなく監督の手腕が一番、と痛感。
[PR]
by mobeer | 2005-03-07 10:15 | VTR&DVD

スイミングプール

c0067229_9354667.jpg
映画で観たかったんですが見れずに終わってしまった作品です。先日レンタルで借りて見ました。主演のルドヴィーヌサニエ、「8人の女たち」で見たんですが、あまりに色っぽくキレイに変貌していてビックリしました。サスペンスミステリーというジャンルでしょうか。南仏の田舎町を舞台にしているので風景がとてもキレイです。最後のドンデン返しは「はは~ん」と納得する騙され方で僕はまんまとやられたという意味で納得の作品になりました。
ただそんなストーリーも色あせてしまうくらいルドヴィーヌは魅力的に描かれていて、ちょっとその印象ばかりが強烈かな、と。
[PR]
by mobeer | 2005-03-07 09:55 | VTR&DVD

オイスターバー

c0067229_12194134.jpgGUMBO & OYSTE R BAR
新宿MYCITY 8F

昨夜飲みに行ってきました。こじんまりとしていてカウンター席中心のお店です。実は僕、牡蠣食べられないんです(汗)なのになぜオイスターバー!?かというと、そんな僕でも牡蠣のおいしい専門店に行けば食べられるんじゃないか!?と期待して行ってみたんです。
結果は惨敗でした(悲)
GUMBO(ガンボ)というアメリカの家庭料理(ピリ辛の煮込み料理をご飯にかけたもの・カレーライスのように食べる)を初めて食べましたが不思議な味でなかなか美味しかったです。
お会計二人で¥14000なり
[PR]
by mobeer | 2005-03-04 12:44 | 飲・食

二度目のきみに読む物語

c0067229_1272587.jpg
二回目観に行ってきました。実は一回目観に行った時は超感動したものの、泣きはしなかったんです。
しかし今回、ボロ泣きしました
(;_;)
一回見て展開を知ってたり細かい所までよく理解してたから完全に感情移入してしまったみたいで、観終わってからも涙が止まらずはっきり言って恥ずかしいくらいでした(^^ゞ
そんな訳でこの映画、「人生で一番泣いた映画」になってしまいました。
絶対にDVD出たら買う!!
[PR]
by mobeer | 2005-03-04 12:14 | 映画

自己紹介

c0067229_1604483.jpgmobeer

大好きなmovieとbeerを勝手に合体させました(汗)
「ムービール?」
なんのこっちゃ・・・

年齢
1974年生まれ/31歳

職業
カメラマン

好きなもの

映画・ビール・スポーツ・料理・海外旅行

今年9月に結婚が決まりました☆
[PR]
by mobeer | 2005-03-02 15:11 | PROFILE

アカデミー賞授賞式

c0067229_10251155.jpg
ようやくビデオに録画していた授賞式を見ました。日本で未公開の映画が多かったので評価がどうだったのかは分かりませんが、個人的にはレオとスコセッシを応援していたので残念でした。助演男優賞のモーガンフリーマンはキャリアや実力から考えても納得の受賞だったと思います。そしてなんといってもウッディアレン映画に欠かすことのできない名優アランアルダがついに助演男優にノミネートされたことは感激でした(;_;) 脇役一筋の長いキャリアが報われたというか彼の才能が評価されてホントに良かったと思います。
しかし司会のクリスロック、僕は今回初めて見たんですが噂通りのすごい毒舌ですね。ブッシュの批判は他の人でもやっているので別段驚かなかったんですが、映画作品や役者を躊躇せずに滅多切り、波多陽区も真っ青というくらいバッタバッタと切りまくっていました(驚)
ジュードロウを「どんな役でもお構いなしにたくさん出すぎ!何者なんだ!?」と斬ったクリスに対して、ショーンペンがプレゼンターで現れた時に「ホストの司会に言っておくけど彼が何者だって?、素晴らしい役者だ」と。
素晴らしい&カッコいい!!
(@_@)
ショーンペンの去年のコメントもカッコよかったけど、今年も男気あふれていました。
色んなコメントがありましたが僕はこのショーンペンのコメントが一番好きでした。

僕はアカデミー賞の受賞に関して邪推してしまうというか、映画業界の複雑な利害関係やアメリカの国情が絡んで本来の目的である素晴らしい映画と役者を称える、とう事から離れているようですごくもどかしく残念です。世界中が注目しているこの式典を国のイメージ戦略に使っている様に感じられてなりません。
考えすぎでしょうか?
(^^;)
[PR]
by mobeer | 2005-03-02 12:11 | 映画

アレキサンダー

c0067229_1013512.jpg
ずっと見たかったのですがようやく見てきました。この手の歴史スペクタルは正直監督がどうでもストーリーがどうでも、僕個人的には小説や教科書で読んで活字から想像していたその時代の絵巻物が映像になって見れる楽しみがあるので、タイプスリップしたような興奮をおぼえる為だいたい満足します。トロイなんかは史実に不忠実でとんでもない脚色がされていましたが、僕はそれでも興奮しました。アレキサンダーは良くも悪くもオリバーストーンらしい映画で、随所に彼らしいカメラワークが織り交ぜてありましたが、物語があまりに間延びしてしまってポイントをフォーカスしきれていなかったような印象です。その点でいえば10年以上続いたといわれるトロイ戦争をたった数日に描いてしまってもトロイの方が感情移入できるような気もします。
しかし巨額の費用を投資しただけあって戦闘シーンは圧巻です。コブシを握る手に力入りっぱなしでした。舞台もエジプト・ギリシャ・バビロンからインドまで移動し、アジアの雄大で美しい景色が次から次へとスクリーンいっぱいに広がり、3時間で世界半周旅行したような気分になりました。オリバーストーンの描き方は賛否両論あると思いますが、僕は純粋に滅多に見れない大迫力の映像を見れたことに興奮した映画でした。
[PR]
by mobeer | 2005-03-01 10:42 | 映画