<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ミュンヘン

c0067229_1613484.jpg
久々の映画です。アカデミー賞授賞式のビデオもまだ完全に見てないのに暇な時間を見つけて映画館に行ってきました。

「今年のオスカーは社会派が多い」とは聞いていましたが、今度見ようと思っている「シリアナ」も含めて重く暗い雰囲気の社会派映画が現在上映中。
僕はどうも苦手でしたね、この作品は。
イスラエルとアラブ諸国の対立、パレスチナ人の戦い、中東の終わる事なき血で血を洗う抗争をリアルに描いています。そして真実を淡々と伝えてくれます。
現実はこんなに壮絶でむごいものだと。ごく平凡な男が暗殺を繰り返すうちに狂気じみてくるあたり圧巻でした。

主演のエリック・バナはご存知「トロイ」のヘクトル、ダニエル・クレイグは次期6代目ジェームス・ボンド、骨太感のある演技は重厚でこの作品にピッタリ合っていた気がします。僕が大好きなジェフリーラッシュも相変わらず怪しくていかがわしいのに味がある、すごい存在感でした。
[PR]
by mobeer | 2006-03-12 16:11 | 映画