<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リバティーン

c0067229_22444170.jpg

デップが脚本の冒頭3行を読んで出演を決めた、という作品、しかも音楽は「マイケルナイマン」、この映画は間違いなくおもしろい、そう確信しどんな内容なのかも知ろうともせず楽しみに見に行ってきました。
蓋を開けてビックリ、とんだ放蕩詩人のお話でどにかく破天荒で女大好き。結構グロテスクな映像もあって女性にはきついかなって気もしました。
なんかあまり共感できないままどんどん堕落して落ちてゆく天才詩人、これが実話だというので驚きである。
デップの美貌が前面に出て素晴らしい、というのだが、あまりに堕落したその姿に僕は美しさを感じれなかった。最後性病にかかってからはさらにむごい・・・

そして一番楽しみにしていた肝心要のマイケルナイマンの音楽、正直期待が大きすぎたせいもあってがっかりでした。
思えばマイケルナイマンの音楽で見た作品は絶対に外れはなかった。
「ピアノレッスン」「ガタカ」「ことの終わり」「ひかりの街」
全部大好きな作品で、どれも音楽と作品の内容が完全に融合し素晴らしい世界を作り上げてくれていた。
監督ありきの映画の中でマイケルナイマンが音楽を担当、と聞くとそれだけで信用できた。
そんな思い入れや期待が強すぎましたね。
次回作に期待します!(^^)
[PR]
by mobeer | 2006-04-24 23:10 | 映画

連理の枝

c0067229_22243874.jpg

泣きの女王「チェジウ」が正統派純愛モノに出るという事でそれ以外の予備知識なしで見に行ってきました。
前半「これホントに純愛モノなの!?」というくらいにお馬鹿でコミカルな展開で心配になりましたが、後半スイッチが切り替わってからは韓国作品ならではの泣ける展開に感動しました。
この辺の作り方がうまいですよね~韓国の監督さんは。
そして最後のオチ、これをネタバレすると元も子もないので伏せておきますが、その展開は本当にジ~ンときました。

が、しかし、僕は泣けなかったんです。
(@_@)
本当に感動して素敵なお話だったんですが、「泣きの女王チェジウ」どんな過酷な状況でも泣く事ができる、その彼女の演技力が邪魔になって、泣いてる彼女に感情移入し切れなかったんです。
「演技で泣いてるんだ~」っていう先入観が強すぎて・・・
もっと純粋な気持ちで見れてたらもっと感動できたのにな~って自分自身ちょっと残念でした。
主演俳優のチョハンソン、チェジウが華奢に見えるほど大きくガタイがいいのですが、25歳には見えなかったな~
(^^;)
僕と同じ歳位に見えてしまったっす。
貫禄がある、んでしょうね。
[PR]
by mobeer | 2006-04-24 22:34 | 映画

ブロークバックマウンテン

c0067229_22425696.jpg

先週ようやく見てきました。話題のオスカー受賞作品、時間が経ってしまったのでだいぶ内容を風の噂で聞いてしまっていましたが、それでも予想以上におもしろかったです。
個人的に同性愛がテーマの作品は苦手なんですが、男同士の友情の延長上に自然に愛情が芽生えた流れで魅せてくれたので嫌味な感じはなくとってもキレイな愛の形を見せてもらいました。
雄大な自然がバックに広がっているせいもあって、絵的に非常に美しい。
その対比とばかりに脇を固めるキャラクターはみんなどこか屈折していて汚れてる。
だからこそ二人の愛情がきれいに見えたのかもしれません。

個人的にすごく好きだったシーンが、ジャック(ジェイク・ギレンホール)が義父に対して「ここは俺の家でこの子は俺の子だ!お前はお客なんだから黙って座ってろ!」と今まで弱腰だった義父に対して初めて強く罵倒するシーン。最後の残虐なリンチのシーンの伏線のように思えて、素敵なシーンであるけど心が痛くなり切なくなるワンシーンでした。正しい事をしても忌み嫌われ恨みを買ってしまった、ジャックの純粋さがとても美しかった。
[PR]
by mobeer | 2006-04-10 22:52 | 映画