セルラー

c0067229_10225837.jpg

ずっと見たいと思っていた作品なのでDVD化されるのを待ちわびていました。
と言うのも、昨年すごく好きになった「バタフライエフェクト」の監督だか脚本家だかがこの脚本の製作に途中まで関わっていたとかアイデアを出したとかって情報を聞いて(←だいぶ曖昧ですみません・・・汗)バタフライエフェクトが好きならこれも気に入るはず、って事を聞いたんですよね。
その予想を裏切らない良くできたサスペンスでした。ストーリーや展開は事前に知っていたんですがそれでも楽しめましたよ。ハラハラドキドキの興奮味わいたい方は是非どうぞ☆

悪徳警官役のノア・エメリッヒ、「トゥルーマンショウ」のトゥルーマンの親友です。あの善人役の印象が強すぎてどうしても悪徳警官に見えなかったっす
(^^;)
[PR]
# by mobeer | 2006-02-14 10:39 | VTR&DVD

ネギ玉豚丼

c0067229_149844.jpg
今mixiやらで話題になっている「すき家」の「ネギ玉豚丼」を食べに行ってきました。

「食べたみんなが絶賛している」
「すき家、どこにでもある」
「たかが数百円、損はしない」


という理由で躊躇なく行ってきました。

とは言うものの、どれほどうまいのか!?って期待を必要以上に大きく持ってしまったので
「あ、こんなもんか」的な感想でしたが、今までのすき家のレベルを考えるとこれはめちゃウマです!!僕はネギ玉牛丼も食べましたが、こっちもおいしい!
今までの牛丼・豚丼にネギと卵の黄身をトッピングしたメニューですが相性の良さがおいしさのポイントでしょう。
安くてうまい、損はしません。
興味ある方はぜひ!!(^^)
[PR]
# by mobeer | 2006-02-10 14:18 | 飲・食

イメージバトン

kazuponさんより、イメージバトンなるものを頂きました。
イメージでつながっている言葉の最後に自分のイメージする言葉を加えるのだそうです。
これまでが、
「笑顔→自分を支えるもの→記憶→母の声→無償の愛→太陽→芽生え→
若葉・生命力→アウトドア→バーベキュー→夏→クールビズ→刺客→自主トレ→公園」
と繋がってるようで、お題は「公園」です。

かれこれ9年前でしょうか、高校時代からの友達と大学時代に知り合った友達4人で新宿で飲んで、そのうちの一人が駒込に住んでいたので駒込公園に移動し、そこで酒盛りが始まりました。
「酒に酔った大学生公園で飲酒」
いかにもタチ悪い臭いがプンプン(@_@)

c0067229_1745067.jpg
夜中12時過ぎというにも関わらず、友人と僕で「ジョンカビラごっこ」なるものが始まって、大声で「ロベルトバッジョ!シュート打つも入らじ!!」「行ってくれ!打ってくれデルピエーロ!!」などと彼の実況を真似て絶叫していました。
気付くと公園はパトカーで包囲され僕ら4人は強制連行。
あまりにうるさくて近所の人が警察に通報したらしいです。
一発で酔いが冷めました(-_-;)

「公園」といえば「ジョンカビラ」です。
という訳でお次のお題は「ジョンカビラ」

こんなバトンを回すのはもちろん共犯者(被害者?)のgomaさんです。
当時を思い出して受け取ってください(^^;)
[PR]
# by mobeer | 2006-02-05 17:53 | 私事

anything else

c0067229_2132073.jpgウッディアレン監督の最新劇場公開作ですが、毎度ながら彼の作品が日本に入ってくるのは数年遅れ、ファンの頭を悩ますこの時差は何なんでしょう!?いつも思います。2003年のヴェネチア映画祭の上映作品です(汗)

ともあれ待ちわびているファンにはたまらない至福の時間でした。いつものパターンやネタを踏襲しながら今作の大きな特徴は二つありました。

アニーホールの現代版といわれ「若者が主役」
しかもどう見てもウッディアレンの若い頃を連想させる若者とどう見ても現在のウッディアレンという老人が対話し師弟関係のようになっているのを見ると、今の彼が昔の彼に物申しているようでおもしろいです。

もう一点は、9.11同時テロ後に作られた為か自己防衛やナチへの被害妄想がいつもよりさらに強い。なんとあのウッディアレンがあんな行動を!というシーンはファンは見たことない驚きを感じるはずです。あのテロがニューヨーカーに与えた心理的プレッシャーの大きさを物語っているようでした。

そしていつも変わらないのがやっぱり「シュールでシニカル、でもコミカルで最後はハッピー」っていう彼の作品の持つ魅力です。僕は「素晴らしい」の一言です。

今までの長いキャリアの中で絶対どんなことがあってもNYを離れなかった彼ですが、次回作からはイギリスロケだそうです(スカーレットヨハンソン主演の2作が公開待)
アメリカ映画界に嫌気がさして去ったウッディアレン、御年71才にしても反骨精神を忘れず自分の主張を曲げない姿、また惚れ直しました。彼がNYを離れるのがどんなにつらい決断だったか、ファンの方々なら痛感しますよね
(;_;)
[PR]
# by mobeer | 2006-01-28 21:33 | 映画

プルーフオブマイライフ

c0067229_1116564.jpgこの時期多いですね~「本年度アカデミー賞最有力候補」って宣伝文句。
「全米NO.1大ヒット」と同じくらい懐疑的な気持ちで見てしまいます
(^^;)
「恋に落ちたシェークスピア」のジョンマッデン監督とグウィネスのコンビという事で見てきました。人生につまずいた時、落ち込んだ時に人はどうやって立ち直るのか。数式や検証でしか確証を持てない事で信用を失ってしまう、数学者の悲しいサガなんでしょうか。

天才数学者の父が精神に異常をきたし「自分も同じ運命をたどるのでは」と苦悩する娘、ニューヨークライフを満喫しているやたらとお節介な姉、この二人の会話が僕はいただけなかったです。そこまでしなくても、とかそんなに切れなくても、って。

彼が彼女の事を信頼し信じてくれたところで二人の気持ちが通い合って・・・ってのは良いけど、で、結局数学史に残る歴史的発見だった証明はどうなったのかな?
[PR]
# by mobeer | 2006-01-25 11:32 | 映画

プライドと偏見

c0067229_10193675.jpg見始めてしばらくたって「あれあれやっちゃったかな~汗」と思いました。淡々とした展開と結構先の読める内容、あまり共感できない娘たち、失敗したかな~と思いながら見ていましたが、最後の最後、ラストでやられました。
すべてはドナルドサザーランドの演技に凝縮されています。
さすが名優、最後に全部持っていっちゃったな~ってくらい感動しました。

娘の幸せを心から願う父親、「愛のない結婚なら私は反対だ」
娘には財産や身分ではなく本当に心から愛した人と結婚して欲しいと思っていた。しかし心の底では嫁いでいってしまう娘を寂しくも思う、そんな葛藤の末涙を流し娘を笑顔で送り出す父、泣いているけど笑っている、娘がいなくなってしまう寂しさの涙と娘が幸せになる事への笑み、あの演技は最高でした。ブラボー!!
あのシーンだけでこの映画を見る価値あります。

主演のキーラナイトレイ、SWエピソード1でナタリーポートマン演じるアミダラ姫の影武者役で出演、さすがに成長してもこの両者は系統が似てますね~。
(^^)
[PR]
# by mobeer | 2006-01-25 10:34 | 映画

ロード・オブ・ウォー

c0067229_19121468.jpg
アンドリューニコル監督にイーサンホークとニコラスケイジが共演!!この作品は絶対につぼにはまると思い事前情報一切なしで楽しみに見に行きました。
「史上最大の武器商人の物語」そのタイトルだけを知りながら。

今までのアンドリューニコルの作品を見てファンだった僕からすると正直面食らった内容でした。実在する武器商人をモデルに作った社会派ドキュメンタリーのような内容で、ガタカ・トゥルーマンショウ・シモーヌを作った彼のイメージとはおよそかけ離れています。
が、しかし、内容は濃い濃い!


強烈な裏世界の内情や世界に氾濫する抗争や戦争、その裏で暗躍する武器商人のクールなビジネス。仕事と割り切りながらも葛藤する彼の人間的な一面も描かれていますが、そこはさすがニコラスケイジの演技力にうならされます。
最後のオチも納得、なるほど世界はそうやって回っているのね~恐いっす(^^;)
グイグイ引き込まれる強烈な作品でありながら暗い気持ちや落ち込むような感覚はありませんでした。アンドリュー監督の新境地を見れて僕は完全にご満悦です☆
[PR]
# by mobeer | 2006-01-23 19:24 | 映画

酒バトン

映画バトンに次いでまさに僕向けのバトンが回ってきました。
ベリーさんありがとうございます☆(^^)
楽しんで書かせていただきます♪
c0067229_1233832.jpg

Q1.酔うと基本的にどうなりますか?
僕は最初から最後まで完全にビールだけです。
見た目には全く変わりません。顔色も変わらず急に明るくなったり暗くなったりもなくいつもどおりの高いテンションのままです。
ですが、飲む量によっては記憶がなくなります。(@_@)
僕や周りはそれを「B」と呼んでいます。
「B」は「A(シラフの自分)」と違ってかなりギャグが切れておもしろい反面、奇妙奇天烈な行動をとるらしいです。
僕は帰巣本能が強いため、どんなに酔って記憶をなくしても必ず翌朝自分のベットで目覚めます→これは不思議!!

Q2. 酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか?
最悪のはやめにしてここでは公開できる笑えるネタを・・・
カメラマンとしてまだ修業中の見習い時代、結婚式場の集合写真の仕事をやっていて、毎週毎週挙式した両家の集合写真を撮っていた時期、あまりに仕事のストレスが強く毎晩夢を見るくらいの中、新宿歌舞伎町のつぼ八でベロベロに酔い、その場を結婚式場と錯覚し、広いフロアの飲んでるお客達に向かっていきなり大声で
「ハイご両家の皆様大変お待たせしました!!撮影の方は3回から4回行いますので「ハイ!」と申しましたら瞬きを3秒間ほど我慢なさってください。では撮影いたしまーす!!」
と叫んでその場でバタンと寝てしまった。お客さんたちから「なんだなんだ!?」と大注目されたが一緒に飲んでいた先輩は恥ずかしいを通り越して爆笑したらしいです。今から10年前ですね、どうかBを勘弁してやって下さい(汗)

Q3. その時はどの位飲みましたか?
全く記憶ないですね~(^^ゞ
ちなみに去年の最高記録は生ビール19杯です(Aが16杯、Bが3杯)

Q4. 最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?
若い頃、酒豪仲間二人で最短何分で記憶なくせるか!?という挑戦をし(←この発想が既にいっちゃってます、ハイ)30分でワインフルボトル7~8本開けて翌日急性膵炎になりました。それ以来ワインはやめました。
それって二日酔いか!?滝汗

Q5. 酔っぱらって迷惑かけた人にこの場で謝りましょ
HYUGAさん、ほとんどのネタ知ってますよね?(^^;)
4年間世話になりっぱなしでした。いつもスミマセンでした。

c0067229_1531091.jpg
Q6. 今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?
晩酌はしないので基本的には入ってないんですが、先日大学生の弟がどっさりくれたので今は充実しています。しかし悲しいかな大学生、お金がないので全部「第三のビール」です。でもありがとう☆

Q7.好きな銘柄は?
もちろん辛口生、アサヒスーパードライっす!!
アサヒから感謝状もらってもいい位売り上げに貢献しているはずです。

Q8. 最近最後に飲んだお店は?
彼女とデートしたエスニック料理のお店です。
場所はオフレコって事でお願いします(^^ゞ

Q9. よく飲む、思い入れのあるお酒
最初から最後まで完全にビールなのでよく飲むもなにもないので、ここは「思い入れのあるお酒」を紹介します。
「ミナコラーダ」
モルディブのソネバギリリゾートに行った時に仲良くなったスリランカのバーテンダーに「この島のこの夜をイメージしたカクテル作って☆」とリクエストしたら出てきたまさにそのまんまビンゴのカクテル。あま~い南の島、って味です。これを飲むと気分はVIVA楽園☆
c0067229_2365761.jpg

Q10. バトンのジョッキを渡す人5人
候補に考えていた方結構行き渡っているので今回はスルーって事で。
(^^;)
[PR]
# by mobeer | 2006-01-14 02:25 | 飲・食

SAYURI

c0067229_18131375.jpg
太平洋戦争前後の時代が舞台になっています。美しい映像はさすがだな~と思いました。日本の文化をキレイに映像化してくれている気がしました。
チャンツィー、ミシェルヨー、コンリーの美女の共演も素晴らしい。渡辺謙、役所広司という日本の俳優たちが出演しているのも正直嬉しかった。


しかし、僕はなんといっても桃井かおりです!素晴らしいです。
ワールドクラスの存在感ですね。僕の中では彼女が主役でしたよ。
ふてぶてしくて骨太の女、嫌味たっぷりなんだけど実は結構人間味があって情のある女将、彼女のハマリ役かもしれませんがあそこまで見事に演じきれる女優さんっているかな!?って思いました。

映画全体としては僕はどうしてもチャンツィー・ミシェルヨーの二人にヨーヨーマの音楽、完全に「グリーンディスティニー」と「HERO」とかぶっちゃってどうしても「中国の匂いを感じる日本の映像」になってしまいました。「グリーン~」と「ヒーロー」見ていないで全くそんな先入観がなければ違った印象になったのかな~??
[PR]
# by mobeer | 2006-01-09 18:28 | 映画

GATTACA

c0067229_10313022.jpg
僕のベストムービー「ガタカ」
いったい何回見たでしょう。昨夜また見てしまいました。二度目の記事です。

何度見てもいつも感動し強い気持ちと希望、前向きに頑張る心を与えてくれます。今回は僕がバイブルと仰ぐこのガタカの中の大好きなシーンを紹介しようと思います。
思いっきりネタバレですので未見の方はご注意下さい。
(^^;)


c0067229_13233765.jpg
アイリーンに自分の正体がばれてしまったヴィンセント、超エリートのはずのヴィンセントは実は不適合者だった。信じられないアイリーンにヴィンセントは・・・
「僕の寿命はとっくに過ぎている。僕はもう長くはない。何が不可能か君には分かるはずだ。でも君は自分の欠点を探すのに必死で分からなかったろ!!」

エリートで選ばれし人間ながら自分の欠点にコンプレックスを持ち続けているアイリーン、不適合者で何一つ恵まれた資質や才能などなく体も弱く寿命もわずかのヴィンセント、しかし彼は偽りの身分を使い超エリートになりすました。誰も認めなかった彼を世間の誰もが認めたのは自分の欠点を探すのではなく自分の可能性を信じてどこまでも諦めずに頑張ったからです。
絶対に諦めない前向きな気持ちが時には不可能を可能にする、それを教えてくれました。



c0067229_1053479.jpg
超エリート刑事の弟アントンにも身分を偽っていた事がばれてしまったヴィンセント、「兄さんには無理だからやめろ」という弟に対して・・・
「僕に何が出来るか決めつけるな!!」

遺伝子や細胞レベルで科学的にその人の能力や限界を査定している近未来、しかしヴィンセントは無限の努力と不屈の闘志でその限界を超えた。誰かに限界を決められる事なんてない、努力する事は無限にできる、彼の姿勢、いつも僕は見習っています。



c0067229_10554287.jpg
ついに夢を叶えたヴィンセント。土星に出発する前にジュロームに感謝の言葉を言った。そしてジュロームはヴィンセントに・・・
「体を貸す代わりに君から夢をもらった」

スーパーエリートとして生まれ全てにおいて完璧だったジュロームは事故で半身麻痺に。ジュロームは金メダルをとるべくして生まれながら銀メダルのまま自分の夢が終わっていたが、ヴィンセントの折れない心、絶対に諦めない心、誰にも負けない努力、誰も見ていない所で戦っていたヴィンセントの姿を見ていつしか自分の夢を託していた。自分の夢を追って頑張っていたヴィンセントだったがそんな姿がそれを見ているジュロームにも夢を与える結果になった。頑張る事・努力する事、不屈の精神は見ている者にも勇気と希望を与える。
無駄な努力なんてない、僕はいつもそう信じています。


僕はこの映画に出会って自分の生き方を心に決め、この映画をたくさん見て勇気と希望、頑張る心をもらっています。つらい時・悲しい時・負けそうな時・自分に自信を失ってしまった時、皆さんぜひご覧になって下さい。
イーサンホーク・ウマサーマン・ジュードロウの演技とマイケルナイマンの音楽、そしてなによりアンドリューニコル監督の世界観、全てが僕にとって完璧です(^^)
[PR]
# by mobeer | 2006-01-06 11:17 | VTR&DVD