とくダネ!

c0067229_23215048.jpg
このブログの趣旨には全く関係ないのですが、僕はこの衝撃映像を皆さんに紹介せずにはいられません。生放送中の事件らしく、友達の友達が仕事中にオンタイムで見て社内がフリーズしたと言ってました。
ぜひご覧下さい!

オヅラさん衝撃映像
[PR]
# by mobeer | 2005-09-16 23:26 | 私事

ふたりの5つの別れ路

c0067229_22421018.jpg

2004年フランス
フランソワ・オゾン監督


「8人の女たち」のフランソワオゾン監督の新作です。出会いから離婚までを、の逆で、離婚から出会いまで、を時間を逆行して描いているのが新しい。いきなり離婚調停シーンから始まります。

でもそんな二人にも輝いていた過去があって素敵な出会いから始まったんだよ、という流れかと思ったんですが、過去にも「えっ!?そんなんでいいの!?」的なエピソードや伏線があって素敵な二人だったのに、というよりむしろ、これじゃ離婚するだろうなぁ~的エピソードが多く、ある意味納得したもののちょっと残念な気分になりました。
僕はどうしても最後は離婚するんですよ、って結果の分かってる恋愛映画を逆に戻してみても気持ちって盛り上がらなかったですよね(汗)
なるべくしてなった結果、っていうエピソードでしたし・・・
絵はきれいだったのにな~(^^;)
[PR]
# by mobeer | 2005-09-13 22:54 | 映画

Stag & Groom 本日創刊!!

c0067229_17241282.jpg

日本初、男のための結婚情報誌、Stag&Groomが本日創刊しました。
かっこいいプロポーズをして結婚式は男が仕切ろう!というコンセプトで、オシャレでカッコよくて仕事バリバリやってる25~40歳の独身男性がターゲットです。


c0067229_17295366.jpg

実は仲の良い同級生がこの雑誌を立ち上げた編集長なんです。そして恥ずかしながら僕とpuaさんがモデルをやっていた時の写真が掲載されているという事で、昨夜六本木ヒルズで行われた創刊記念パーティーに招待されました。
オシャレな人がたくさん集まっていて華やかな業界だな~と痛感しました。知り合いのカメラマンも来場していて久々に色々話せて楽しかったです。

c0067229_17351343.jpg

創刊号の表紙になった前川泰之君(元パリコレモデル・現俳優)が舞台挨拶をしました。他にも若手の俳優さんやモデルさんも来ていて会場に集まった女性達は目がうっとりとろけそうになってましたよ。特に外人モデル、あれは完全に反則です!カッコ良過ぎます!!
女性モデル(puaさん以外)は来ていなかったのですが、みんなキレイな人たちばかりでしたね。セレブ~な感じの人たちも大勢来ていて・・・
誰なんだろう!?→超庶民的です、僕(汗)

c0067229_17461047.jpg

会場内は
葉巻吸い放題(無料配布してました)
シャンパン飲み放題!!→
食事も出てゴージャスなひと時でした
(^^)

c0067229_1752263.jpg

ところが僕はやっぱりコレです。
ビール飲み放題、
この言葉に悩殺されました。
ギネスビール、おいしかったぁ~

今まで日本にはなかった新しい雑誌です。イギリス発祥でヨーロッパでは大変人気の雑誌ですのでみなさんも是非一読下さい!!年3回ぐらいの発行です。

ちなみに、超小さく写っているのでバラしても構わないんですが、85Pの海外ウェディングの写真が僕とpuaさんです。
さぁ皆さん書店にGO!!
買って買って!!
(^^ゞ

Stag &Groom公式ホームページ
↑こちらのウェブサイトで購入可
首都圏中心ですが地方都市でも大型書店には店頭に並んでいるとの事です
[PR]
# by mobeer | 2005-09-09 17:59 | 私事

ヒトラー ~最期の12日間~

c0067229_12383481.jpg

第二次世界大戦末期のヒトラーが自殺する最後の12日間を彼の秘書の視点で描いた作品です。ヒトラーという人物の最期の日々だけに、敗色濃厚の滅びゆく帝国の苦悩が色濃く出ています。色々知らなかった事実を知れて、歴史的にも勉強になりました。
ヒトラーに忠誠を誓う部下ゲッベルス(あの有名な「ハイル・ヒトラー!!」という言葉を作った人)が最後にヒトラーの後を追って一家心中するんですが、子供たちを一人ひとり殺していくシーンはたまらなく切ないしつらいです。ヒトラーの為にわが子を殺す母親、ナチスに対する忠誠心というか狂信的なまでの傾倒ですよね。
またこの作品ではヒトラーの陰の部分だけではなく、人間的な明の部分も描かれ穏やかで気遣いのある一面が描かれているのですが、これが「ヒトラーを善人化している!」と批判を浴びたようです。
[PR]
# by mobeer | 2005-09-09 12:50 | 映画

誘惑のアフロディーテ

c0067229_18502150.jpg

1995年アメリカ
ウッディアレン監督



僕がウッディアレン映画を見始めた時期にやっていた作品ということで最初の頃に見た作品です。なのでウッディアレンを見るようになったきっかけを作ってくれた秀作で、僕の中では「分かりやすくておもいろい」作品ですが、先日久々に見直しました。


子供を欲しいという妻に押されてやむなく養子を迎えたウッディアレン夫婦、ところが彼の方が親馬鹿で子煩悩な父親に。しかしあまりにかわいらしく立派で賢い息子の親は誰なんだろうと産みの親探しを始めるが、見つかった母親は・・・

分かりやすい内容とテンポの良い展開で自分自身がそうでしたがウッディアレン初心者にはすごくお勧めのような気がします。お決まりのネタはいつものごとく入ってるし、彼らしいユーモアや会話もおもしろいです。お馬鹿な女を演じたミラソルヴィーノがこの年のアカデミー賞助演女優賞をとりましたが、そのお間抜けな馬鹿っぷりは秀逸です(実はすごい才女です!)

この映画、最後はこんな言葉で締めていますがそれこそが彼の人生観でこの作品の全てだと思います。
「人生とは信じがたく奇想天外で、悲しくて素晴らしい!」

う~ん感服します(@_@)
コレだから大好きです☆
[PR]
# by mobeer | 2005-09-06 19:44 | VTR&DVD

船上研修会

c0067229_22242427.jpg

全国の若手カメラマンで構成される団体の全国大会が横浜大桟橋埠頭より出航する「ふじ丸」にて開催されました。全9階建ての構造の豪華客船で、なんと船全部を貸し切っての研修会、嫌がおうにも楽しみで胸が躍りました(^з^)♪
が、
しかし遊びではなくあくまで勉強会、そう甘くはなかった三日間でした。全国から会員のカメラマンが集結するという事で、関東の会員が運営を担当するため、朝からずっとそれぞれの部署の仕事をしなくてはいけません。それが終わるとセミナーに参加し勉強会です。
ホントに忙しく、結果海の写真も撮れず仕事→セミナー→懇親会→宴会の繰り返しでした。疲れた~(@_@)

c0067229_2234648.jpg
これが宿泊したお部屋、二等船室という最下層の部屋でしたがそれにしては立派なもんで、部屋にシャワーとトイレもついてテレビや冷蔵庫もあります。完全に寝るだけの部屋でしたので充分です。



c0067229_22362765.jpg
ランチは船上デッキにてバイキング方式でしたが、世界中の料理を取り揃えてあって色んな料理をちょっとずつたくさんいただくことが出来ました。さすが国際船だと思ったのは、料理だけではなくクルーも日本人はほとんどいませんでした。でもみんな日本語はお上手でしたよ☆



c0067229_2241378.jpgc0067229_22413220.jpg
夜はフォーマルにてフルコースディナーです。今回の研修でホントに心から豊かさを感じられた瞬間ですね。他の時は何をしていても次にやる事があったり時間に追われていたりしていて慌しかったのですが、ディナーの時だけはゆっくり座っておいしいお酒を飲みながら、次の料理が来るまで同席してる方たちとおしゃべりが出来て優雅な気分でした。
写真がありませんが、出航する瞬間、横浜のベイエリア・インターコンチやベイブリッジの下を船でクルージングするのはホントに優雅な気分になれました☆

しかしながら本命の研修会や交流という意味では、全国の凄腕のカメラマンや業界紙でいつも見ているあの有名な方、いつかお会いしたいと思っていたあのカメラマン、と一緒にお酒が飲めたり写真について経営について今後の方向性について色々お話しが出来たり、それはもう最高の収穫でした。大いに刺激になりました。まだまだ頑張らなきゃいかんな、と痛感すると同時に熱い気持ちがわいてきた研修会でした。
[PR]
# by mobeer | 2005-09-02 22:59 | 飲・食

ゴージャスセミナー

c0067229_0255437.jpg
最近忙しくて返事が遅れたり皆様のブログにお邪魔できなくて申し訳なく思っております。
明日からまたセミナーで出張してしまうので記事の更新やお返事が出来なくなるのであらかじめご報告いたします。
(^^ゞ
なんと横浜から豪華客船「ふじ丸」(日本のタイタニックと言われてるらしいです)に乗船しクルージングしながら船上でセミナーが開催されるという超ゴージャスな研修なんです。
たくさん勉強し、夜はたくさん飲んでこようと思います。
帰ってきたら必ず記事にしますのでお楽しみに☆
(^^)v
[PR]
# by mobeer | 2005-08-29 00:32 | 私事

エコロジカル・マインド

c0067229_13255743.jpg
beautifulonesさんの記事に触発され、
スイスのSIGGの水筒を買いました。
ハンズなどの店頭では2100円で販売しているのですが、お出掛けする暇がなく楽天で購入しました。
300・600・1000・1500mlの各サイズがありますが、大きくなると遠足用みたいだったので一番小さい300を買いました。毎日持ち歩くにはちょうどいいです。

これにウォッカやバーボン入れて出歩こうって訳ではありませんよ!!beautifulonesさんもおっしゃってましたが、日々のペットボトルのごみや毎日かかるジュース代、リサイクルの事を考えるとマイ水筒を持って日々自分の飲み物を持ち歩くっていう発想は環境問題にもすごく前向きだし、ぜひ皆さんにもお奨めしたいと僕も思います。外出時には家で作った麦茶やポカリを入れて持ち歩こうと思います。なによりオシャレなデザインに一目惚れしたっす
(@_@)☆
Let's get it for ecological mind!!
[PR]
# by mobeer | 2005-08-24 13:54 | 私事

博士の異常な愛情

c0067229_102281.jpg
前回記事にしたピーターセラーズが一人三役を演じてアカデミー賞にノミネートされた鬼才キューブリック監督の1964年の作品。

冷戦時代のアメリカとソ連の軍事化競争、核開発をブラックユーモアたっぷりに描いた内容です。ピーターセラーズはアメリカ大統領・イギリス人将校・ドイツ人博士の三役を演じていますが、まさに七変化、僕はきっと前もって知ってなかったら分からなかったでしょう。特にヒットラーを敬愛しているナチスをイメージしただろう博士の演技は「ヤバイ」です。圧倒的な存在感でした。と同時に「ライフイズコメディー」でのジェフリーラッシュのすごさも痛感!ホント完璧に演じあげましたね。僕は妙な反転した感覚で、ピーターセラーズってジェフリーラッシュそっくりだな~って思っちゃいました(汗)

あまりにピーターセラーズの演技に集中してみてしまったのですが、作品自体は冷戦下の水爆問題をテーマにしているので、僕にとってはいまいちピントこない感じがしてちょっと難解だったような気がします。アメリカ大統領とソ連の首相との電話のやり取りなんかはちょっとおもしろかったんですが、ツボにはまるユーモアではありませんでした。
キューブリック好きな人はすごく好きな作品らしいです。
[PR]
# by mobeer | 2005-08-24 10:20 | VTR&DVD

冷丼

ごめんなさい、今回は画像なしです

二泊三日で福島県の本宮町という所のスタジオに写真の勉強に行ってました。そこでの仰天料理を紹介します。昼食をみんなで出前とる時に、その本宮町の友達が「ひやどん一つ!!」

「ひやどん!?」冷えたドンブリ??冷えた何丼なの?「ひや」って何物かがご飯の上に載ってる訳!?
頭の中で色んなことを想像しながら敢えて答えを聞かずに到着を待つことに!
(^^)
現れたのは見た目普通の醤油ラーメンです。
ところがよく見ると湯気が立ってなくスープの中にたくさん氷が入っています。
「冷えたスープのラーメン」でした。
冷やし中華ともつけ麺とも冷やしラーメンとも違う妙なラーメンでした。
僕が唖然としている間に友達は全部食べてしまい、僕は写真を撮るのも完全に忘れてました。

後で聞いてみると「冷丼」はその本宮町独特の料理らしく、近隣の郡山にも二本松にもないとか・・・
ん~日本の食文化、色んな食べ物がありますね~
(@_@)
[PR]
# by mobeer | 2005-08-20 23:13 | 飲・食