ライフイズコメディー ~ピーターセラーズの愛し方~

c0067229_10315733.jpg

1970年代にピンクパンサーシリーズで活躍した英国出身の喜劇俳優ピーターセラーズの波乱万丈の人生をジェフリーラッシュが再現。54歳の若さで他界したコメディーに命を懸けた天才俳優の私生活と葛藤を感動的に描く。

僕は正直ピーターセラーズの事は知りませんでした。ちょうど僕が生まれた頃の前後に活躍していた喜劇俳優らしいです。「ビヨンドザシー」のボビーダーリン同様に見た後興味が沸いてきました。この手の偉人(異人)を演じさせたらやはりジェフリーラッシュは本領発揮でしょうね。実在のピーターセラーズを知る人たちは「まるで本人がそこにいるようだった」と絶賛したらしいです。
キューブリックの「博士の異常な愛情」で一人三役演じてアカデミー賞にノミネートされましたが、そのキューブリックとのやり取りやエピソード、ボンドガールも演じたブリットエクランドとの出会いから結婚生活なども非常に興味深かったです。
そのブリットエクランドを演じたシャ-リズセロン、実際のブリットは当時21歳で「歳の差と身長差がありすぎるのでは!?」という不安要素を吹き飛ばす見事な存在感と相変わらずの美貌で、カンヌで作品を鑑賞したブリット本人が感激のあまり涙したらしいです。

今度はピーターセラーズ作品をチェックしてみようと思います☆

「ライフイズコメディー」公式HP
[PR]
# by mobeer | 2005-08-16 11:00 | VTR&DVD

トゥルーマン・ショウ

c0067229_1065710.jpg
懐かしい映画を見ました。この作品の脚本はアンドリューニコル、ガタカの監督・脚本家です。
映画自体はガタカが先に上映されたんですが、実際はトゥルーマンショウの脚本を書いたのが先だったんです。いかにも彼らしい近未来の脚本です。

生まれた時から自分の人生を全世界でテレビ公開されているトゥルーマン、彼だけがそれを知らない、というある意味すごいブラックユーモア満載なテーマですが、嫌味な感じはなく、爽やかな笑いがあるのはやはりジムキャリーのなせる業でしょう。また、これまでぶっ飛んだ切れキャラばかりだった彼ですがこの映画ではシリアスな一面も見せ、それがこの映画以降の彼の演技に繋がってるような気がします。

何でもテレビ番組にしてしまう、
より現実的でやらせのない番組が見たい、
そんな現代の危険な風潮をユーモアを交えながら風刺した映画です。
[PR]
# by mobeer | 2005-08-15 10:26 | VTR&DVD

大阪一のお好み焼き屋

c0067229_1956165.jpg

  象屋


地下鉄四つ橋線
「玉出駅」下車
西へ100mくらい

地元大阪の友達が「大阪で一番おいしいお好み焼き屋につれてったる」と言って車で来たのがこのお店「象屋」です。来たのが夜遅い時間でしたが結構な人で賑わっていました。食事時には行列が出来るそうです。
お好み焼きは焼かれて↑の写真の状態で鉄板に運ばれてきます。マヨネーズとケチャップとからしのソースを混ぜ合わせ、机にあるソースをかけてカツオ節を載せて食べます。
ドロソースと呼ばれるどろどろのソースが肝なんですが、酸味があってピリッとくる今まで味わった事のない味のソースで、そのドロソースとからしマヨネーズケチャップソースが絡むと驚愕の味覚!「こんなお好み焼き食べた事ない!!」それが僕の正直な感想でした。
このお店ご存知の方いますか??
大阪には星の数ほどお好み焼き屋がありますが「ここのお好み焼きは他とは違う!」とはっきり言えるお店でした。
[PR]
# by mobeer | 2005-08-09 20:09 | 飲・食

スライディングドア

c0067229_19573583.gif
この映画は公開当時から見ようと思っていて見逃したままかれこれ何年もたってしまった映画です。色んな方の映画コメントに「ここはスライディングドアっぽい!」というのを目にするたび見なくては!見なくては!と思い続けていました(汗)

正直ストーリーはほとんど噂や何やらで耳に入っていたのですが、それでも見ると素直におもしろく感じました。

あの時あぁしていたら・・・という人生の分岐点は誰にでも無数にあるはず。どっちに転ぼうとどっちを選択しようと絶対に後悔はしちゃいけないと思うんですよね。過去を否定する事は未来につながらない気がします。ある映画で「人は運命を変えられないが運命は人を変えられる」という言葉を耳にしました。確か最近の映画・・・。
自分の運命や選択がどうであれ、目の前の現実をひたすら頑張って夢に向かって努力していけば必ず道は開けるはず、というのが僕の考え方です(ガタカのヴィンセントが師なので・・・)

しかしこの映画の最後の落ちには意外に驚かされました。そことそこをそう繋げるとは!!
(@_@)やられた!
[PR]
# by mobeer | 2005-08-08 20:13 | VTR&DVD

大阪フォトカレッジ

c0067229_10102669.jpg


8/2~5まで大阪の某専門学校を会場に行われた「大阪フォトカレッジ」なるセミナーに参加してきました。きっかけは先月のブルックス大学の研修で知り合った多くの仲間がこのフォトカレッジでスタッフをするという事で非常に勉強になるセミナーが組まれていると聞きはるばる大阪まで出張してきました。初の大阪、会場は北加賀屋、ホテルは日本橋でした。
関東の人間が初めて大阪に行くとすごいカルチャーショックを受けますね。海外に来たみたいでした。傘が合体してるチャリンコに乗ってるおばちゃん、どこもかしこもたこ焼き屋とお好み焼き屋だらけ、なにより自分以外のみんなが大阪弁というのが異次元感覚でした(汗)
映画と飲食のブログなのでまずは大阪の食文化について記事を書こうと思います。



c0067229_94458100.jpg
大阪に到着し最初に入ったお店で注文した料理です。メニューに「焼きそば定食」なる意味不明のメニューがあったので「どういう事!?」と興味をそそられ注文したらなんと!!焼きそばとご飯と味噌汁!!ありえねー!!おかずは何ですか!?焼きそばがおかずですか??
今まで噂で大阪の人はお好み焼きをおかずにご飯を食べる、と聞いた事があったのですが、どうやらガセネタではなく本当のようです。周りを見るとおばちゃん達はお好み焼きや焼きそばをおかずにご飯をバクバク食べていました。「マジで!?」と思いながら食べてみたのですが意外に合うんですね~。ソースで濃い目の味付けをした焼きそばなので充分おかずになり、結局ご飯も焼きそばも完食してしまいました。なるほど~こういう事だったのか~、と納得。


c0067229_9513770.jpg
初日のスタッフの打ち上げに参加してきました。くいだおれの和食の会席料理のお店でしたが、なんとメインはたこ焼きです!!写真をご覧下さい!これはギャグでもなんでもなくて本当にこれでたこ焼き焼くんです。すごい立派なセットじゃありませんか!まさに会席料理の趣!
たこ焼き音頭なる踊りがあって、たこ焼きが焼き上がるまではハッピを着てそのたこ焼き音頭を踊らされます(師範が登場し指導してくれます)
この趣向ばかりは地元大阪の人たちも初めて見た!と言ってました。
ちなみに最後に「たこ焼き音頭修了証書」なるライセンスカードがもらえました(^^;)



c0067229_1095658.jpg
二日目の二次会でおつまみに出てきた摩訶不思議なこのつまみ、誰かがいたずらしたのかと思ったのですが、これは「天むす」という料理だそうです。「天ぷらXおむすび」のコラボレーションですね。おむすびの中に天ぷらが入っていて、海老の尻尾がはみ出しているというわけです。食べてみるとやっぱりおいしいんですね~
バクバク食べてしまいました。
ちょっとこの写真だと分かりづらいですね~(-_-;)すみません

僕がこの大阪ツアーで痛感した大阪の食文化は、とにかく炭水化物大好き!ってことですね。お好み焼きや焼きそばをおかずにしたりみんな食べてるたこ焼き、天むす、全部炭水化物ですもんね。「こんなに炭水化物ばかり食べて大阪の人はよく太らないね!?」と地元大阪の友達に聞いたら「子供の頃から食べてるから太らんねん」
(@_@)ホント!?そういうことなの!?
[PR]
# by mobeer | 2005-08-07 10:26 | 飲・食

カリフォルニアン・ワイナリー

c0067229_1129077.jpg
先日ブルックス写真大学に行った時のネタです。
サンタバーバラでの講義と授業が修了した翌日、ソルバングという田舎町のスタジオに研修に行きました。その後に近くのワイナリーに立ち寄ったのですが、スタジオ側からのご好意か「無料試飲」をさせてくれたんです。
こりゃラッキーと思ったのですが、前日の夜はサンタバーバラ最後の夜ということでブルックスの学生達と朝4時半まで飲んでいて2時間ほど仮眠して6時半に起床というハードスケジュール明けだったのであっという間にワインが回りました(@_@)グルグル
しかも次から次へとワインが出てきて合計9本も試飲!!
もう味なんて分かりません。

「これは高級シャルドネです」「これが去年賞をとったシャブリです」
という説明もどこ吹く風とばかりに右から左へ・・・

しかしカラッと晴れた最高の天気・青い空・ドでかい迫力の自然風景、その楽園でワインに酔ってる自分、幸せでした~(^^)♪
[PR]
# by mobeer | 2005-07-30 11:44 | 飲・食

メリンダとメリンダ

c0067229_17475825.jpg
ウッディアレン監督作品の最新上映作品、観てきました。
メリンダという一人の女性の物語を「悲劇」化する観点と「喜劇」化する観点から二つのストーリー交互に展開していきます。

悲劇バージョンと喜劇バージョンで周りのキャスティングは違っているのですが、メリンダ本人のみはラダミッチェルが一人二役で演じています。が、これが素晴らしい☆
メイクや髪型、演じ方を変えるだけでまるで別人に見えました。正直最初は違う女優さんかと思ったくらいです。

自暴自棄になってネガティブ思考に陥ったヒロインがたどる悲劇と、明るくハツラツとしていて前向きなヒロインの喜劇、当然ウッディアレンの得意分野「喜劇」的物語の方が彼らしさがうまく出ていたように感じました。特に喜劇バージョンのウィルフェレルはまさにいつものウッディアレン!監督自身も「若ければ自分の役」と言っていましたが今回はさすがに自分の年齢と設定に無理を感じて監督に専念したのでしょう。そしてそのフェレルが最後に一番おいしい思いをするというのも相変わらずの展開、思わず笑ってしまいます。

悲劇と喜劇、相反する二つの要素を同時進行させるという画期的なアイデアの映画でしたが、反面「ウッディアレンの真骨頂」というパンチが弱かった作品だったような気もしました。
[PR]
# by mobeer | 2005-07-29 18:05 | 映画

アイランド

c0067229_10204718.jpg
初めてこの映画の予告編を見た時に「おっ!おもしろそう!!」と興奮しました。近未来の遺伝子操作に関するクローンの映画ってガタカっぽいじゃん!と思って。
しかし「監督マイケルベイ」の文字を見た時にザァー(-_-;)と貧血寸前に・・・

もう絶対にダメだ、と思いながらも最初のインパクトが強くて見たかったので見てきました。マイケルベイだからどうせまたアルマゲドン級のありえない映画なんだろう、って猜疑心いっぱいで見たせいで結果「不安視していたほどではなく」楽しめました。

あくまで娯楽アクションですよね。これでもかって位お金をかけて過剰に街中を破壊しての逃亡追走劇、ヒーローとヒロインがいてアクションありセックスあり笑いあり、っていうなんでもたくさん詰まったハリウッド映画の典型でした。

ただ近未来っていう設定と遺伝子工学によるクローン人間に関するテーマっていうのがどうにも自分のツボにはまるんですよね。個人的には充分楽しんで見れました。なので同じ作品を(失礼ですが)他の監督に撮って欲しかったかな~(^^;)
[PR]
# by mobeer | 2005-07-27 10:38 | 映画

大いなる遺産

c0067229_18224673.jpg
当時劇場でこの作品の予告編を見てその音楽と雰囲気からすでに一目惚れしてしまった映画です。小説も読みました。あの当時劇場で見て、ビデオになってすぐに見たので2回見ました。

それ以来何年ぶりかに見たくなってこの度DVDを購入、やっぱり良い!!と思い、たて続けて2回見てしまいました(汗)

キャスティイングもドンピシャで好み、音楽も切なく悲しい雰囲気を盛り上げてくれて最高、キーになる重要な役をデニーロが演じるんですが、あの役を演じられるのは世界中でデニーロ以外にありえない、ってくらいに素晴らしく演じて魅せてくれました。

僕がこの映画で最も胸が熱くなるのはフィン(イーサンホーク)がエステラ(グウィネスパルトロー)に対して「俺がやってきた事は全て君のためなんだー!!」と叫ぶシーンです。
ずっと自分の心の中にあった憧れの遠い存在、絶対に自分には見合わない高嶺の花、いつか彼女と一緒に並べるように、彼女に見合う男になろうと努力し頑張ってきた結果成功をつかんだその瞬間の生の心の叫び、当時の僕の熱い心に直球で響いた叫びでした。
[PR]
# by mobeer | 2005-07-26 18:54 | VTR&DVD

観たい映画をつなぐタスキ

musical batonに続き、今度は映画です
cinqsensさまより受け継ぐことになりました。


●過去一年間で、一番笑った映画!
c0067229_1015351.jpg
「さよなら、さよならハリウッド」
過去1年で一番笑ったとなるとこれしか思い浮かびませんでした。おもしろすぎます!


●過去一年間で、一番泣いた映画!
c0067229_10112715.jpg
「君に読む物語」
過去1年というより僕の人生で一番泣いた映画になりました。今年この映画と出会えた事は僕にとって非常に深い意味を持ちました。秋にDVD発売、楽しみです☆


●心の中の5つの映画
これは迷いますよね(汗)
musicai batton同様5つに絞るって無理な話しです(^^;)

c0067229_10124196.jpg
「ガタカ」
ブログ内でも記事にしましたが僕のベストムービーですのでガタカは絶対に外せません。運命に逆らって不屈の努力と勇気を持って夢に向かって戦う寡黙な勇姿、たまんないっす!!


c0067229_10132858.jpg
「アニーホール」
かなりウッディアレンばかりになってしまいましたが僕の「ベスト監督」であり以下3作品は順番を付けられないトップ3作品であります。アニーホールでは「私は私を会員にするようなクラブには入りたくない」という名言を僕の胸に残してくれました。


c0067229_10134849.jpg
「カイロの紫のバラ」
これも以前記事にしたばかりですが、ウッディアレンの映画愛に満ちた素晴らしい作品です。ラストシーンのミアファローの表情に全てが集約されています。彼女の最高の演技に感動しました。


c0067229_10141310.jpg
「ブロードウェイと銃弾」
意外にもまだ記事にしていませんが大好きな作品です。ギャングとブロードウェイ業界のお話です。お馬鹿なストーリーで始まりますが、ラストは感涙ものです。コミカルですが最後にシュールな展開になりますが、嫌な暗さはありません。



c0067229_10374132.jpg
「ギャラクシークエスト」
4作品は迷わず選べましたがこの5番目は迷いました(>_<,)
なので単純に5番目候補作品の中で一番たくさん回数見たこの作品を選びました。同時に今迄で最も笑った映画です。これも記事にしてありますが、ただ馬鹿みたいにおもしろいだけではなくホロッと爽やかな感動があります。



●観たい映画
c0067229_12123665.jpg
「メリンダとメリンダ」
ウッディアレンの最新公開作品。一日も早く恵比寿に行って見たい!!
(@_@)早くぅ~


●このタスキをつなぐ方々
ブログ開設時からお世話になってます小夏さんとjunさんにぜひお願いしたいと思います
ヨロシクお願いします
(^^ゞ
[PR]
# by mobeer | 2005-07-20 10:44 | 映画